シミを消す!人気の化粧品おすすめランキング10選

皮膚お悩みの上位にのぼってもたらされるシミやそばかす。シミを消す行動ってもとよりできるの?こういった質問に回答します!シミの類や原因、対策に沿った早い時期の手当てで心配になる悩み事を良い方向に向かわせましょう!!

いつの間にやら濃い色になっていたり、新規に出てきたりと何かにつけて手こずらせてくる「シミ」。いずれが原因となって、どういう分類があるか。もとより化粧品で消す・薄くすることが可能なのか…。そのようなたくさんの人が疑問を覚える「シミ」のなんやかやをとことんまでお話して行こうと考えています!

こどもの頃には100パーセントと言い切っていいくらい、気になることはなかったほくろやシミだと言えますが、30歳をすぐそばにじわじわ著しく発生するように…

小学生の運動競技会や運動クラブの教科でも日焼け止めを途切れさせないぐらい、こどもの頃から日焼けにはだいぶ注意していたにも係わらずうすーく茶色いシミが発生…!!

シミなら早い時期のケア、できない状況にすることを目指したガードがとにかく肝になります!

常日頃のちょっとしたことからシミとなってしまうので、少しばかり気を遣うキモをアップさせていくつもりです!

シミを消したい!人気の美白化粧品おすすめ10選
春から夏に亘ってキッチリと紫外線対策をしたけれど、シミやくすみを招いた…
ここのところちっちゃいシミなどが気がかりになりだしたものですから早い段階でどうにかしたい
へそくりくらいしか手持ちはないし、レーザーは怖く感じる…
日光の紫外線やエアーコンディショナーの冷気というようなもので引き起こされる"乾燥ぐすみ"というのは、美白の天敵!
『強い紫外線が穏やかになる秋や冬でさえ、皮膚内部にあるメラニンのボリュームは初夏とそれほど違わない』というようなものが、コスメ製造会社の検証でも明確になっているのです。
このように、春や夏のお手入れだけに限らず、秋以降の"追っかけ美白"それこそがきれいな肌を保つキー!
そういうわけで、この先も美白お手伝いを努力続けるあなたへオススメの美白化粧品を取りまとめました。

専門書籍の紹介

シミの原因

紫外線による光老化でできる「老人性色素斑」は初期なら化粧品でのケアも効果的ですが、濃くはっきりした形になったら美容皮膚科での治療でなければ、消すことは難しいのが現実。
妊娠中や更年期などの女性ホルモンのバランスが主な原因の「肝斑(かんぱん)」には化粧品での美白ケアや、皮膚科でもらえる内服液が有効です。

出典: 効果が9割変わる「化粧品」の使い方 2015/7/1
小西さやか(コスメコンシェルジュR?) / 櫻井直樹(皮膚科専門医、シャルムクリニック院長)

美白コスメを使えば、肌は白くなるのですか?

シミのなかには美白コスメが全く効かない種類があるのです。
美白コスメに即効性はなく、継続的に使うことにより効果が期待できます。

シミが消えません。美白美容液って効果あるの?

美白コスメは、どちらかというとシミをそれ以上濃くしないためのものであって、現在のシミをきれいに消すためのものではありません。
たとえば老人性のシミだと思っていたものがあざの一種だったり、母斑や脂漏性角化症だったりすると、美白コスメでは消えません。

出典:女性誌にはゼッタイ書けないコスメの常識 2010/8/11
岩本麻奈(皮膚科専門医 / コスメ開発プロデューサー)

美白化粧品の選び方・効かせ方

1. まずは、もっとも多く有効成分が入っている美容液から始めてみる
2. 医薬部外品の成分をチェックして選ぶ
3. ケア商品を使い終えた時点でトラブルがなければ、1年中使い続ける
4. 角質ケアも合わせて正常なターンオーバーをサポートするとベスト

出典: いちばんわかるスキンケアの教科書 健康な肌のための新常識 2014/10/17
高瀬聡子(皮膚科医、ウォブクリニック中目黒総院長) / 細川モモ(予防医療コンサルタント)

もっと詳しく内容に関心がある方は、紹介しました専門書を直接お読みください。