ほうれい線の悩み

ほうれい線といえば、顔の頬と口の境にある溝ですが、これが加齢とともにだんだん深く、くっきりとしてしてきます。

30代のお肌の曲がり角あたりから気になりだす人が多いのですが、最近では、更に若いヒトでもこのほうれい線で悩むひとがでてきているといいます。

ほうれい線ができると、10歳は老けて見えると言われ、女性の肌の悩みの中でもトップにはいります。

正しく言うと、このほうれい線はシワではないそうです。溝だそうです。

シワといっている辞書もありますが、ウィキペディアでは、「ヒトの鼻の両脇から唇の両端に伸びる2本の線。しわでは無く、頬の境界線である。」とあります。

そして、その原因として、

加齢 乾燥 喫煙 ストレス 紫外線 バランスの偏った食事 ビタミンC不足 コラーゲン不足

をあげています。

つまり、さまざまな要因で、特に肌の乾燥やコラーゲン不足などによってハリが無くなり、肌のたるみ等によって溝が深くなって目立ってくるわけです。

また、解消法として、

禁煙 美容外科手術 マッサージ サーマクール 顔体操

などをあげています。

頬の筋肉に刺激を与えてエクササイズによって改善する方法とともに、化粧品などによって肌に栄養を与え、ハリと弾力を取戻して、ほうれい線を目立たなくする方法などがあります。

とくに、ほうれい線に効果が実感できる化粧品による改善では、適切な化粧品選びがポイントとなります。

 
しわたるみ化粧品
 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ