S社独自の美白成分

「現在日本には、20数種類の美白成分がありますが、働きはそれぞれに違います。

当社が開発した「S」は、シミのもととなる酵素の分解を促進し、しみになるメラニンの生成を食い止めるという、美白成分です。

さらに、余分なメラニンを肌の外に追い出してくれる働きも持っています。」

開発にあたり100種類を超えるさまざまな成分を試験。

来る日も来る日も実験を繰り返したという。

その結果、美白に効果があるとされたのが、ベニハナから抽出された脂肪酸の一種「リノレックSだった。

もう一つの美白成分「ビタミンC誘導体」

このリノレックSとともに配合された美白成分が「ビタミンC誘導体」。

びたみんC誘導体は、肌の奥に潜むメラニンが黒くなるのを抑えてくれるはたらきがある。

「リノレックSが、シミのもととなる酵素チロシナーゼを分解促進し、ビタミンCがメラニンの黒色化を抑えます。

ダブルの有効成分で徹底的な美白ケアを目指した社の自信作です。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ