大人ニキビの話

ニキビといえば、普通、思春期にできるのが一般的によく知られています。

しかし、最近増えているのが、成人しておとなになってできる、いわゆる大人ニキビです。

思春期のニキビの原因は、過剰に分泌される皮脂が毛穴に詰まってできるアブラっぽいにきびです。

これに反して、大人ニキビの原因は、古い角質が蓄積することと、肌が乾燥することです。

だから、その対処の仕方も、自ずと変わってきます。

思春期のニキビは、洗顔に酔って皮膚を清潔にすれば、自然と治るとされています。

しかし、大人ニキビは、そう簡単には行きません。

大人ニキビの原因をもう少し詳しく見てみると…

仕事などによるストレスと睡眠不足がつづくと、ホルモンのバランスが崩れてきます。

また、外食など食生活の偏りによる栄養バランスの乱れも原因となります。

そして、化粧品による毛穴のつまり、メーク落としの不完全による毛穴のつまりなども原因となります。

さらに、洗顔の間違ったやり方…ゴシゴシ皮膚をこすると、皮脂を余分に取り除いてしまい、乾燥肌の原因、しいてはニキビの原因となります。

さらに、タバコやお酒などの嗜好品のとりすぎも注意が必要です。

このように、大人ニキビの原因は複雑で生活全般に渡りますので、正しい健康的な生活、食生活が大前提となります。

その上で、皮膚のターンオーバーを促進するようなスキンケアをする必要があります。

大人ニキビの特徴は、一度治っても繰り返しできてくること、ニキビ跡ができやすいことなどがあげられます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ